光を反射する肌を目指して。

透明感ある肌って憧れますが、透明感のある肌って感覚ではわかっていてもいったいどう状態の肌なのか説明しにくいですよね。シミやくすみがない肌はもちろんですが、透明感にはそれだけではない何かがありますよね。けっこう肌のきれいな人は多いのですが、透明感がある肌の人はあんまり見かけないです。それだからこそ憧れるのですが、透明感のある肌とは内部反射光が多い肌だそうです。

光は肌の中に入っていくのですが、その光が反射してふわっとした光になるそうです。たしかに透明感のある肌の人はなんだか皮膚が光っているような感じになっていますよね。そんな肌を手に入れるためには光をたくさんとりこめる肌にならないといけないですよね。

光をたくさんとりこめるようにするためには、うるおい、メラニンの少なさ、血行の良さが大切なそうです。肌が乾燥していると光が入りにくく、メラニンは多いと光を吸収してしまうので光の反射が減少してしまうそうです。透明感のある肌になるためには光の反射が重要なんですね。